ブログが続かない最大の理由

最近はブログの書き方をどうしようかとか、読者がいるから読者のために書いたほうがいいのかとか。考えていた。

でも、自分の思ったことも書きたい。そうしなきゃ自分自身ブログが面白くなくなっちゃうなって思う。

この記事では、私が何故ブログを書いているのか。そして、途中でブログが楽しくなくなってしまい、そこからブログの本質と、自分自身のブログの書き方を見つけるまでにたどってきた思考の道のりを書き綴りました。

スポンサーリンク

 

ブログの書き方には、二種類あると思う。

1つは、「誰かのために書く」というもの

もう1つは、「自分の書きたいことを書く」というもの。

ブログを始めた当初の目的が段々とそれていってしまった。

ブログを始めた当初、書きたいことがもりだくさんで、それを文章にして保管したいという思いが一番強かった。

そこに、厄介な思考が入ってきて、文章やブログのコンセプトがおかしくなってきた。他人の目を気にしてしまったのだ。

「読者に伝えるためにブログがあるんだ。」という価値観を自分のブログに適用させようと思ってしまったのだ。

本当の目的は、書きたいことを思う存分書いて、それを保管していきたいというコンセプトだったにもかかわらず。

きっかけは、ビジネス塾に入ったこと。

わたしは、元々アスペルガー症候群という発達障害の性質が強くて、就職もできなくて|いや、しなくて|、ひきこもり生活が長かった。

その代償として、将来の不安|上手く生きていけるのか不安|というものが大きくなってしまった。

その不安の埋め合わせをしたいと思い、個人でも可能なビジネスを勉強しておきたいと思いたち、22歳の時にビジネス塾に通いだした。

ビジネス塾でもブログについて教えてもらえて、そこで学んだ方法を自分のブログにも取り入れてみようと思ったことから、ブログのコンセプトがブレてしまい、楽しく文章が書けなくなってしまった。

ビジネスで、ブログを使う目的は下記の2点

  • 集客
  • 信頼の構築

ブログはコンテンツマーケティングと呼ばれるマーケティング手法の一部らしい。

最初から趣味の個人ブログにビジネスが絡んでくると、自分の書きたいことは書かけなくなってしまいます。

コンテンツマーケティングは、読者のために書く文章。

どれだけ読者の興味そそることができるか?集客できるかに重きが置かれます。

つまり、想定した読者を中心に、戦略的にブログを作っていく必要があるのです。

こんな感じ↓

user

そうすると、読者に合わせて、文章を構築していく必要が出てくる。

そうして、自分のブログを人気にすることに重きをおくのである。

完全に自分の目的とそれている。

こうやって、コンテンツマーケティングを取り入れた文章を書くとなると、自分の好きなことを思う存分書き出していくことが全くできなくなるのだ。

例えば、人気を出すには、専門性と一貫性が必要である。

でも、僕の書きたいことは、毎日毎日刻一刻と変わっていく。毎日同じようなことを書いていると嫌になってくるのは目に見えている。

そうするとブログに力が入らなくなって楽しくなくなってくるのだ。

ブログのコンセプトを無理やり作り出そうとしても、うまくいかない。

コンセプトというものは、日々を生きていく中で段々と形になっていくみたい。

最初からコンセプトを無理やりひねり出してもそのコンセプトに自分自身が縛られてしまってうまくいかないことが多々ある。

私には、まだしっかりしたコンセプトがないみたいだ。

このブログに沢山の学びを書いて、自分の人生のコンセプトをつかみたいな。

楽しいことを沢山して、その結果人生のコンセプトと呼べるものが向こうからやってくる。

そんな、やりかたが僕には合っているのかもしてない。

あとがき

このブログがなかなか更新されない背景にはこんな事情がありました。

一生ブログは書き続けたい。今はそんな気持ちです。

この気持ちは、ブログを始めた当初から変わっていないな。

それだけ、ブログが好きなのかもしれないな。まだまだ独りよがりな文章だし、へたっぴだけどね。


PAGE TOP