ハードルは低く設定すること!それが楽しく成長するための必須条件の一つである!

最近は、特にやりたこともなく日々を淡々と過ごしていました。|まあ、興味のあることは沢山あって、それらは行っていたのですが。読書とか、その他いろいろ|

そんな中、とある話が私の元へ舞い込んできました!それはバンド加入のお誘いでした。

まさか!5人編成のバンドにギターで加入!

私は高校生の頃にバンド活動をしていて、音楽が大好きでした。

1年前くらいに、趣味でまたバンドを組みたいなと思って、バンド募集のサイトに自分のプロフィールをのっけてみたのです。

ですが、何の音沙汰もなく一年が経過しました。

バンドをやろうと思ったのも、結構一時的な衝動に駆られたものであったので、すぐに熱は冷め、バンドのことなど最近は忘れていました。

そんな中、先日そのバンド募集サイトからメッセージが届き、バンドのお誘いがありました。そのバンドの音楽性が、ものすごく私とマッチしていたので、即加入させてください!と返事をした。

プロフィールには、ギターボーカルやります!と書いていたので、パートはギターボーカル。

そんなこんなで、加入が決まったので、最近は歌詞を書いてみたり作曲をしてみたりウォーミングアップをしています。

歌詞を書いてみた!しかし、早速行き詰まる。

そのウォーミングアップの一環で、本日歌詞を書いてみました!しかし、最初から上手いしなど書けるわけもありません。

いきなりの壁にぶつかり少々へこたれました。

私は、昔から、自分に強いるハードルが高く、学校の夏休みの宿題なども、初日で全部終わらせる!と意気込み、最終的には、意気消沈し、疲れ果て、その経験から、宿題に拒否反応が出るようになり結局、夏休みの終わりまで手をつけなくなってしまうことなどいつものことでした。

今回もそんな感じで、うまく歌詞が書けないのに、無理やりひねり出そうと頑張って、意気消沈しかけました。

だめだだめだ!好きなことで、そんなことをしてしまったら、これからがひどい結果になる!とその時思いました。

ちなみに今日書いてみた、めっちゃ素人の未完成の歌詞。

さとういつきさん(@ig_itsuki)がシェアした投稿

最初から完璧を目指しすぎた!だから意気消沈しかけたんだ!

何か課題をこなす時。ハードルを下げることや完璧を求めないことがどれだけ重要なことかを説明してくれている動画があります。

 

この動画は最近見たものなのですが、学びの楽しさについて事例をもとにすごくわかりやすくお話ししてくれています。

この動画の内容を簡単にまとめると、楽しく学びを行う条件は三つあると説明しています。

  1. 簡単で誰でもできること。
  2. 突き詰めれば、どこまでも成長できること。
  3. より自由に創造性を発揮できること。

この中の一つ。簡単にできることを私は選んでいなかったのです。

なので、途中で楽しくなくなってきて、課題放棄をしてします。|難しいと達成感も得られませんし|

完璧を求めすぎないこと。理想や目標を高くしすぎないこと。

完璧を求めすぎると、完璧でない自分に落ち込むばかりです。

理想や目標を高くしすぎると、また現在の自分に不満がたまってしまいます。

このことは、子供の教育を例に例えるとわかりやすいかもしれません。

子供の成長を共に喜ぶか。それともなかなか成長しないことに腹をたてるのか。

まだ歩けない子供が歩けるようになったら母親は喜びますよね!

例えば、世界陸上の選手と比べたりなんかしません。

もし、世界陸上の選手と比べてしまったらどうでしょう?

おそらく母親は、子供に不満を持つことになるでしょう。

「なんでまだ歩けないんだ!!!」

「早く走れるようにならなくては、世界選手になれない!!!」

こうして母親は自分の子供にどんどん不満が溜まり、子供に無理なしつけを行う結果となってしまうかもしれません。

そんなことをしたら、子供はつまらないです。

歩けた時、心の底から一緒に喜んでくれる母親の方がいいはずです。

「歩け!走れ!」と期待や強要をされると、嫌になっちゃいます。意気消沈ですね。

現代では子供よりも受験に必死な母親などが、これに近い傾向があるのかなと思ったりもします。

このことに気づけたことを本日の収穫とします。

つまずきを学びにして、日々成長あるのみだ!

まとめ

ハードルは低く設定すること!それが楽しく成長するための必須条件の一つである!

あとがき

あともうひとつ!

日々の生活に小さな達成を喜ぶ習慣をプラスすると毎日がきっと楽しくなっていくのかな、とも思いました!

PAGE TOP