罪悪感を浄化し、清々しさを取り戻す具体的な方法

本日は仕事上で罪悪感を感じ、落ち込んでしまった。なので、罪悪感を取っ払い次に活かしていく具体的な方法を考えました。この方法をこれから習慣に取り入れていこうと思います。

なぜ罪悪感を感じたのだろう

それは、理想の行動と自分自身が違かったから。理想の自分はどんな人に対しても、しっかりと 伝えるべきことを伝えるということができている人なんだけれども、今回、それができない自分が居た。

なぜできなかったのだろう?それは、話しかけ方と伝え方が分からなかったからだ。声のかけ方が分からないと声をかけられない。では、どうすればよかったのだろう?それは、どう声をかければいいかを冷静に考え、方法を編み出せばよかったのである。でもあの時は、考えてもいい答えが見つからなかった 。

そんな自分にイライラして、そして、伝えるべきことを伝えられなかった自分に対して罪悪感を感じたんだ。

罪悪感を拭うにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、もし次同じことが起きたら、どうすればよいかをちゃんと自分の中で整理して、想像の世界で、改善できた姿をシュミレーションする。そしてその課題をクリアする

それが一番良い方法なのかもしれない。

想像の中であってもしっかりとその問題をクリアできれば、もう二度と同じような状態の時に失敗をすることはない。これは失敗を自分の中できちんと消化し、自分の血肉となった証拠である。

そして自信がつき、罪悪感も浄化され、次へと進むことができる。

まとめ

しっかりと改善を行うこと。しっかりと、次に同じことが起きないように、課題をクリアすること。そうすると、クリアできたという達成感が罪悪感を消し去ってくれるはずだ。なぜなら、罪悪感は失敗した自分をダメなやつと決めつけ、自己非難することから起きるからだ。想像上で具体的にこの課題をクリアしている姿を想像することによって。その自己非難は消える。クリアした人を非難することなどできないはずだからだ。そして、その一つ一つの達成の積み重ねが、自信となって清々しく生きていくためのパワーへと変化していくのである。

PAGE TOP