緊張や不安の原因とその解消法

人が緊張する一番の原因は、失敗した時の対処法や対策を考えていないところにあると思います。

この文章では、このことについて例を出しながら考察をしてみます。

例)面接に緊張する人

面接に緊張してしまうのは、なぜなのでしょうか?恐らく、緊張している人に話を聞いてみるとこんな答えが返ってくるでしょう。

「落とされるのが怖いから・・・」

この方は落ちたときの対処法をきちんと考えられていないのではないでしょうか。

面接を受ける前に下記のことをしっかりと決めておくことが大事です。

  1. 面接を行う目的は?
  2. 落ちたときはどうする?

この2点を考えておくだけで、確実に緊張を減らすことができます。

面接は、「企業側が求める人材像と面接を受ける側が企業へ求める要望がマッチしているかどうか」を判断するところです。そして、面接を受ける側の目的は、自分の求める働き方や条件を達成したいということです。だとしたら、自分の求める働き方ができる会社に出向き、意気投合する会社と出会うことが目的となります。

仮にもしこのような目的であるのならば、面接に落とされることは恐怖では無いはずです。なぜなら、落とされたとしてもまた次を探せば良いだけだからです。

落ちたときは、次を探せば良いだけです。方法はいくらでもあります。このことを事前に考え、安心しておくことで、緊張はかなりほぐれます。

もし、落とされても、次があるから全く怖くないぞ!と思えるまで、このような考えを行い、しっかりとその後の行動を決めておくことが、緊張を減らすための対策の一つなのではないでしょうか。

まとめ

緊張したり、不安になったりするのにはきちんと理由があります。その理由を自分なりにしっかりと認識することによって、対策を考え出せるようになります。

「なぜ達成したいのか」という目的。「もし、達成できなかったとしたらどうするか。」という対策。この2点をしっかりと考え、しっかりと決めることによって、心に余裕と自信が生まれ、何事にもチャレンジするモチベーションが生まれてきます。そして緊張もなくなっていくのです。

山登りに例えると良いでしょう。しっかりと対策を練って、命綱などをつけ、安全を確保しているからこそ、その分高く登ることに集中することができるのです。

PAGE TOP